リラキシンとはどんなホルモン?妊娠とリラキシンの関係。

リラキシンとはどんなホルモン?

リラキシン(relaxin)は、妊娠時や生理中に、卵巣や子宮、胎盤から分泌される女性ホルモンで、関節の靭帯などを緩める働きがあります。

女性ホルモンの一種であるエストロゲンが先行して作用すると、ヒトでは恥骨結合の弛緩が起こるとされています。

出産時は胎児が骨盤腔を通って体外へ出てこないといけないため、胎児が骨盤腔を通りやすいように、恥骨結合が緩み、骨盤腔が広がりやすくなります。それによって胎児が骨盤腔を通りやすくなり、体外へ出てきやすくなります。そのため、出産時はこのリラキシンの分泌による靭帯の緩みがとても重要になります。赤ちゃんをスムーズに出産するためには、なくてはならないホルモンなんです。また、生理前もこのリラキシンの分泌が増加しやすいと言われており、これによって生理中の経血の排泄がスムーズになるとされています。

リラキシンの影響で腰痛や骨盤痛が起こることがある

このようにリラキシンは生理中や出産時にはなくてはならないホルモンなんですが、リラキシンによる靭帯の緩みが原因で、腰痛や骨盤痛が生じることがあります。通常、左右の骨盤は恥骨結合によって強固に固定されているため、大きく動くということはありませんが、リラキシンによって靭帯が緩むと、恥骨結合の可動性が増加してしまいます。左右の骨盤をつないでいる恥骨結合が緩んでしまうと、骨盤を支える力が弱くなってしまい、腰などへの負担が増加して、腰痛や恥骨痛などが生じてきます。

妊娠時や生理中の腰痛や骨盤痛を予防するために必要なこと

妊娠時や生理中のリラキシンによる靭帯の緩みは、避けることができません。しかし、靭帯の緩みによって生じる腰痛や骨盤痛は、予防することが可能です。リラキシンによって恥骨結合などが緩むと、それを筋肉の力でカバーしようとしますので、腰痛や骨盤痛を予防するためには、普段から骨盤周囲の筋肉をしっかり鍛えておくことが重要です。姿勢が悪いと、骨盤周囲や腰部周囲の筋肉が正常に機能せず、骨盤が正しい位置に保てないため、リラキシンによって緩んだ恥骨結合などを適切な位置に保つことができなくなってしまいます。

正しい姿勢で腰痛や骨盤痛を予防する

このように、普段から正しい姿勢を保つことは、生理中や妊娠時の腰痛や骨盤痛を予防する上で、とても重要です。また、正しい姿勢でゆっくりと腹式呼吸を行うことでも、体幹の深部にあるインナーマッスルを鍛えることができます。無意識に猫背や左右非対称な姿勢をとりやすい人は、意識して正しい姿勢を保つようにしてみましょう。正しい姿勢を保つことで、骨盤周囲や腰部周囲の筋肉も、正常に機能しやすくなります。普段の姿勢に少しだけ意識を向けて、痛みのない、健康的な体を手に入れましょう。

リラキシンの足への影響

リラキシンは骨盤の靭帯だけに作用するのではなく、全身の靭帯に作用します。

当然足の靭帯もリラキシンの影響で緩んでしまうのですが、妊娠中はお腹が大きくなるため体重が増加し、その体重は二本の足で支える必要があります。

しかし、妊娠中はリラキシンの働きで足の靭帯はゆるゆるの状態になっています。そのため、当然足のアーチも崩れやすく、扁平足になりやすい状態にあります。

妊娠中のマイナートラブルというと骨盤痛や腰痛などに注目されがちですが、足のトラブルにも注意しておく必要があるんです。

この問題に関しては、また別の記事で詳しく書いてみたいと思います。