靴を選ぶときは軽い靴?それとも重い靴?

競技用シューズなどを中心に靴の軽量化が進んでいますが、果たして日常履く靴も、できるだけ軽いものがいいのでしょうか?

靴の役割

靴の役割は、足を保護する目的やファッション性を高めるなど、いくつかの目的がありますが、靴の大切な役割の一つとして、歩く時の足をサポートするというものがあります。

コンクリートなどの固い地面の上を裸足で歩くのは、ケガの危険性も当然あるのですが、何よりとても疲れます。

よく素足感覚で履ける靴といって、靴底の部分がグニャグニャと曲がる靴が市販されていますが、これは靴の大事な役割の一つである「歩く時の足をサポートする」という機能が働かなくなっています。

靴は指の付け根部分で曲がることがとても大事なのですが、指の付け根部分から踵にかけての部分は、曲がらずしっかりとした強度を保っておく必要があります。

そのために、靴底の部分にはシャンクと呼ばれるパーツが入っており、靴底が容易に曲がらないような工夫が施されています。

実際、裸足でコンクリートなどの固い地面の上を長時間歩くと足が疲れてきますが、これは「シャンク」によって指の付け根から踵にかけての部分が固定されていないために、足を蹴り出す際にアーチや足底腱膜と呼ばれる構造が引き延ばされてしまうことで、足の裏が疲れやすくなってしまうのです。

軽い靴と重い靴はどちらがいいのか?

それでは靴を選ぶときは軽い靴と重い靴ではどちらを選ぶべきなのでしょうか?

競技用の靴などはパフォーマンスを最大限に高めてあげるために、靴に必要な機能は残しつつも、可能な限りの軽量化が図られています。しかし、高価なパーツを使っているため価格が高くなっていたり、余計な部分がそぎ落とされることで耐久性が低くなるなどのデメリットがあります。

事実、トップアスリートになると、短距離用のスパイクは、数回程度しか使われないようです。

耐久性を犠牲にすることで、軽量化と機能性という相反する作用を両立できているんですね。

逆に登山靴などは重たい作りになっていますが、これは競技用の靴と比べて運動パフォーマンスのアップよりも、どんな悪路でも疲れず安定して歩くことができるように、様々な機能が盛り込まれているため、あのような重さになっているのです。

普段履く靴は、やはり歩行をサポートしてくれる靴でなくてはいけないため、ある程度の重さは仕方ないでしょう。

手に持ってみると重たいけど、実際に履いて歩いてみると重さを感じないような靴が理想です。

歩行をサポートするための機能が組み込まれているため、手に持ってみると重たく感じたりもしますが、自分の足にしっかりと合っていれば、歩行をサポートして歩きやすくなるため、それほど重さは感じないものです。

靴は目的に合ったものを

靴を選ぶ際は、自分の足に合ったものを選ぶのはもちろんですが、目的に応じた靴選びを心掛けるようにしましょう。

日常的にハイヒールや靴底の柔らかい靴ばかり履いていると、足はどんどん変形が進んでいきます。

TPOに合わせた靴選びを心掛けてみてください。