高い靴がいい靴、安い靴は悪い靴、という訳ではありません。

どういった靴をいい靴と言うのでしょう。

高価な靴であれば、当然いい材料を使ってあるので、いい靴とも言えるでしょう。

また、安くても靴としての機能をしっかり備えていて、履く人の足にきちんと合っていれば、安価であったとしても、いい靴と言えるでしょう。

どこに基準を置くかで、いい靴の定義は変わってきます。

いい材料を使っていても、靴としての機能が十分に備わっていなければ、当然歩きにくいため、長い距離を歩く靴としては向いていません。

安くても靴としての機能をしっかりと備えていれば、パーティーなどドレスアップが必要な場面には向かないかもしれませんが、普段履く靴としては使いやすいでしょう。

探せば安くても、いい靴は沢山あります。

逆に高価な靴であっても、自分の足に合っていなければ、タコや外反母趾などの原因にもなることがあります。

同じ靴を履き回すのではなく、どういった場面で履く靴なのか、ということを考えて、靴選びをするようにしましょう。

twitter