足外来での仕事の紹介

現在、私は佐賀大学医学部附属病院の足外来に非常勤職員として勤務しています。

今日は、その足外来での私の仕事を紹介したいと思います。

足外来とは

足外来という言葉は、あまり聞き慣れない言葉かもしれませんが、簡単に言うと、足に何らかのトラブルを抱えた患者さんを専門に診る外来です。

難治性の傷など、足に何らかのトラブルがある状態を、「足病変」と呼んでいます。

多くは形成外科医がこの足外来を担っていますが、足病変の患者さんは、基礎疾患として糖尿病や動脈硬化症などを抱えている方が多いため、糖尿病内科や循環器内科など、多科が連携して患者さんの診療にあたっています。

もちろん、医師だけではより良い治療を提供することができないため、看護師や義肢装具士、理学療法士といったメディカルスタッフも関わり、チーム医療で患者さんの治療にあたっています。

そのチーム医療の中で、私は理学療法士という立場で、足病変の患者さんの治療に携わっています。

足外来における理学療法士の役割

足に傷ができても、健康な方であれば、極端な話、傷はきれいに洗って放っておけば、自然に治ります。もちろん大きな傷などは別ですが、擦り傷などのちょっとした傷であれば、特に病院に行く必要もないでしょう。

しかし、糖尿病や動脈硬化症などの基礎疾患を抱えた方では、ちょっとした傷が命取りになることもあるんです。

糖尿病の方が足に傷ができると、そこから感染してどんどんと感染が広がり、最悪の場合、足を切断しなければいけない、ということも起こってきます。

そのため、傷から感染が広がらないように、歩行は制限され、ベッド上安静を強いられることがあります。

ベッド上安静期間が長くなると問題になってくるのが、足の筋力低下です。

特に高齢者の場合は、傷は治ったけど、足の筋力が低下して、歩けなくなってしまった、ということも起こってきます。

そうならないように、理学療法士が介入し、リハビリテーションによって筋力が低下しないようにアプローチを行っていきます。

また、傷が治った後の歩行練習なども、理学療法士の役割です。

足病変の患者さんは、歩行の仕方によっては、何度も足に傷をつくってしまうことがあります。そのため、傷ができないように患者さんの足の状態を評価し、患者さんに合った歩行指導なども行う必要があります。

佐賀大学医学部附属病院の足外来での私の仕事

佐賀大学医学部附属病院の足外来で私が担当している仕事は、患者さんの歩行解析です。

歩行解析といっても、特に歩行時に足底(足の裏)にかかっている圧の状態を、F-scanという機械を使って調べることが私の役割です。

足病変の患者さんは、特定の箇所に圧が集中しやすく、足底圧が高くなっている部位は、皮膚潰瘍を形成しやすくなります。

その歩行解析の結果を、治療方針の決定や装具の効果判定などに活用しています。

こんな感じで視覚的に圧が高くなっている部分を確認することができます。

f:id:maholama:20181028232522j:plain

赤くなっているところは、圧が高くなっている部分です。

表示されている点線は、歩行時の重心の移動なのですが、これについてはまた別の機会にご紹介したいと思います。

当院の足外来の紹介動画もありますので、そちらもぜひご覧ください。


【プロモーション映像】第16回日本フットケア学会年次学術集会

患者さん自らの足で立ち、その足で歩けるように、チーム一丸となってフットケア医療に取り組んでいます。

すべては患者さんの笑顔を取り戻すために。

足のトラブルでお悩みの方は、いつでもご相談ください。

何かお役に立てることが、きっとあると思います。