足の親指やその付け根付近の角質が硬くなったり、タコができていたら、もしかしたらあなたの足は扁平足なのかもしれません。

足の親指の内側や親指の付け根付近の角質が硬くなっていませんか?

この部分です。

f:id:maholama:20181029093209p:plain

もしこの部分の角質が硬くなっていたり、タコができていたりしたら、もしかするとあなたの足は扁平足なのかもしれません。

扁平足だとなぜ親指付近の角質が硬くなるのか?

なぜ扁平足があると、親指や親指の付け根付近の角質が硬くなるのでしょうか?

これは歩行時の理想的な重心移動を示した図です。

f:id:maholama:20181029225341p:plain

踵をついた後、重心は足の外側を通って、土踏まずを過ぎたあたりから内側に入っていき、最後は親指で蹴り出す、といった流れが、理想的な重心移動になります。

今度はこちらの図をご覧ください。

f:id:maholama:20181029230200p:plain

AとBはまったく別の方の足底圧(足の裏にかかっている圧力)の写真です。

点線は歩行時の重心移動を示していますが、Aの方は理想的な重心移動に近い歩き方をされているようですが、Bの方は、踵を接地した後、重心は外側へはまったく行かず、内側を通って真っ直ぐ親指方向に抜けていっています。

さらに足底圧を比較してみると、赤くなっている部分は圧が高くなっていることを示していますが、Bの方は親指付近の圧が高くなっていることがわかります。

これは歩行時の重心移動が外側へ行かず、常に内側を通っているため、常に親指や親指の付け根付近に圧がかかり続けているためなんです。

なぜ歩行時の重心移動が外側を通らずに内側を通ってしまうのか?

なぜBの方のような重心移動が起こってしまうのでしょうか?

それは、足のアーチが低下して扁平足になってしまっている可能性があるからです。

アーチがつぶれて扁平足の状態になると、立った時の重心は外側ではなく内側に傾いてしまいます。要は内くるぶしの方に重心が傾いてしまうんです。

そのため、歩行時は重心が外へ向かわず、常に内側に入ってきてしまうのです。

Bの方のような、歩行時の重心移動が外側を通らない方は、決して少なくありません。

歩いている時の足の重心移動なんて気にしない方がほとんどだと思いますが、もし、足の親指やその付け根付近の角質が硬くなっている方は、アーチがつぶれて歩行時の重心移動が内側に傾きすぎているのかもしれません。

歩行時の重心移動を理想的な状態に近づけるためには、どうすればいいのか?

足の親指やその付け根付近の角質が硬くなっている方は、アーチの低下により歩行時の重心移動が内側に傾いてしまっているため、理想的な重心移動に矯正してあげることで、角質が硬くなってしまう問題は解決します。

そのために最も手っ取り早い方法は、自分の足の状態に合ったインソールを使うことです。

低下してしまっている足のアーチを、しっかりと補正してあげることができるインソールを使用すれば、この問題は解決します。

しかし、インソールもいろんな物があり、価格も安い物から高い物まで様々です。

インソール選びで大切なのは、歩行時の重心移動を理想的な重心移動に近づけることができるかどうかです。

クッション性の高いインソールは、フワフワとしていて一見気持ち良さそうですが、歩行時の重心移動を補正する効果はありません。

インソールを選ぶ時は、価格だけでなく、本当に足のトラブルを解決できるものなのかどうかで判断するようにしましょう。

インソールは価格よりも機能重視で選ぶようにしましょう。

一度ご自分の足を観察してみて、親指の内側やその付け根付近の角質が硬くなっていたら、足のアーチが低下している可能性があるため、一度詳しく足の状態を見てもらうことをおすすめします。

twitter