朝起きてノドが痛いな、と思った時に、わが家で使っているのは、ブルーヒルズのタスマニアンレザーウッドハニー

寒くなってくると空気が乾燥しやすくなるため、朝起きた時にノドが痛かったり、イガイガすることがあります。

薬を飲むほどでもなさそうだけど、なんとなく気になる、という時に、わが家ではハチミツを舐めるようにしています。

ノドが痛かったり、イガイガしたりする時用に使っているのが、BULE HILLSのTASMANIAN LEATHERWOOD HONEYです。

タスマニアン レザーウッドハニー TA5+

タスマニアン レザーウッドハニー TA5+

  • 出版社/メーカー: たかくら新産業
  • メディア: 食品&飲料

タスマニアンレザーウッドハニーは、オーストラリア、タスマニア島の世界遺産の森で取れる貴重なハチミツで、世界で5人にしか許されていないそうです。

その5人の内の一人が、ブルーヒルズ養蜂場の方だそうです。

ブルーヒルズタスマニアンレザーウッドハニーの特徴は、レザーウッドハニーで唯一、TAを取得していることだそうです。

TAとは?

TAとは、Tatal Activityの略で、抗菌力を示す値です。

ブルーヒルズのタスマニアンレザーウッドハニーは、TA5+の抗菌力があるそうです。

このTA5+は、マヌカハニーの抗菌成分であるMGO100+に相当するそうです。

マヌカハニーとは?

f:id:maholama:20181107154246j:plain

マヌカハニーも抗菌作用の高いハチミツですが、その抗菌力の高さをMGOで表示されています。

MGOはMethylGlyOxal(メチオグリオキサール)の略で、マヌカハニーの主成分になっています。

マヌカハニーは抗菌作用があるメチオグリオキサールが入っているため、若干、生薬の様な味がします。

この味が気になる方は、レザーウッドハニーがいいかもしれませんが、抗菌力の面では、マヌカハニーの方が、更に高い抗菌作用を有する物もあるようです。

うちの息子たちはマヌカハニーの味は特に気にならないようで、どちらも好きです。

日常的に食べるハチミツとしては値段が高価なので、わが家ではノドが痛くなった時の薬代わりとして愛用しています。

twitter