「スニーカーよりもハイヒールの方が歩きやすい」という方は、足が扁平足になっている可能性があります。

ハイヒールは歩きやすい?

ハイヒールはその靴の特性から足に負担がかかりやすく、長時間履き続けることで、足の変形を引き起こすことがあります。

f:id:maholama:20180803153001p:plain

(石塚忠雄:靴の科学.講談社,1991)

上図のように、通常立った時は前足部よりも踵の方に荷重がかかりやすいのですが、ハイヒールを履いて踵の位置が高くなればなるほど、踵よりも前足部にかかる荷重の方が大きくなります。

それによって、前足部(指の付け根)付近に胼胝(タコ)や鶏眼(魚の目)ができやすくなります。

このように、ハイヒールは足にとってはあまり良くない履物なのですが、稀にスニーカーなどの踵の低い靴よりも、ハイヒールのような踵の高い靴の方が歩きやすい、または足首が安定すると言われる方がいらっしゃいます。

普通に考えると、スニーカーよりもハイヒールの方が歩きやすいとは思えないのですが、中にはスニーカーよりもハイヒールの方が歩きやすいと感じられる方がいらっしゃるのも事実です。

何故そのようなことが起こるのでしょうか?

女性の足部の特徴

女性の足、特に足首周囲の特徴として、くるぶしが内側に傾きやすいということがあります。(専門的には足部の外反と言われる状態)

女性の足首を後方から見ると、内くるぶしが下に下がって傾いている方を見かけることがよくあります。

女性は妊娠・出産により、リラキシンという靭帯を緩める作用のあるホルモンが分泌されます。

そのリラキシンの働きにより、足の靭帯が緩みやすくなり、妊娠中は足が容易に変形し易い状態になっています。

そんな状態のところに、立位などにより全体重が足にかかってくると、足はそれを支えきれず、足のアーチが潰れやすくなってしまうんです。

妊娠中におけるフットケアの重要性!

そのため、妊娠を経験したことがある女性は、程度の差はあるものの、足のアーチが低下して、いわゆる扁平足の状態になっています。

足のアーチが低下して扁平足になった女性の足首周囲を後方から見ると、くるぶしが内側に倒れこんでいるように見えるんです。

f:id:maholama:20190110143703j:plain

ハイヒールを履くと何故歩行が安定するのか?

そのような扁平足の方がハイヒールを履くと、逆に歩きやすくなることがあります。

女性の足部の特徴として、くるぶしが内側に傾いている、いわゆる外反の状態になっていることがありますが、それを解決する一つの方法として、つま先よりも踵の位置を高くして、つま先を反らせるという方法があります。

踵の位置を高くすると、通常、踵にかかっていた荷重が前方に移ってきます。

さらにハイヒールを履くと、つま先を上に向けたような状態になるため、足の裏にある足底腱膜という腱が緊張して、足のアーチを形成しやすくなります。

これを『ウィンドラスメカニズム(巻き上げ機構)』と言います。

つま先が上を向くことで足底腱膜の巻き上げが起こり、踵が前方に引っ張られるんですね。

f:id:maholama:20190110140250j:plain

足底腱膜が収縮して踵が前方に引っ張られると、足のアーチが形成されるため、内側に倒れこんでいた内くるぶしがまっすぐに起きてきて、足部のコントロールが安定してきます。

スニーカーなどの靴底が平らな靴を履いている時は、このウィンドラスメカニズムが働かないため、扁平足のある方は足部が安定せず、歩きにくさや不安定さを訴えられるのですが、ハイヒールのような踵の高い靴を履くことで、このウィンドラスメカニズムが働き、扁平足でくるぶしが内側に傾いて足首周囲が安定しなかった方も、楽に安定して歩くことができるようになることがあるんです。

もちろんハイヒールは足にかかる負担が大きくなるので、いくらハイヒールの方が歩きやすいと言ってもハイヒールばかりを長時間履くのは、タコや魚の目、外反母趾などの原因にもなりますので、長時間の着用は控えた方がいいでしょう。

どうしてもハイヒールなどの踵の高い靴を長時間履かなければいけないようでしたら、インソールを使用して、足にかかる負担をできるだけ軽減してあげるようにしてください。

スニーカーよりもハイヒールの方が安定して歩きやすいという方も、前述のようにハイヒールの方が歩きやすくなる理由は、足のアーチを形成してあげることで足部が安定することが理由ですので、スニーカーであっても自分の足に合った足のアーチを形成してくれるインソールを使用して足のアーチを作ってあげれば、ハイヒールじゃなくても安定して歩けるようになります。

ハイヒールをよく履く方はアキレス腱のストレッチをしましょう!

ハイヒールを履くと踵の位置が高くなるため、ふくらはぎの筋肉が短縮して硬くなりやすくなります。

そのため、ハイヒールを履き慣れている方がスニーカーを履いて歩くと、ふくらはぎの筋肉が引き伸ばされて、ふくらはぎに痛みを感じる方もいらっしゃいます。

そうならないためにも、普段からハイヒールをよく履かれる方は、アキレス腱のストレッチをしっかりとするようにしましょう。

また、ハイヒールを履くと骨盤も前傾位になるため、腰痛を起こしやすくなります。

日常的にハイヒールを履かれている方は、脚や体幹のストレッチをしっかりとするようにしてください。

ハイヒールを長時間履かれる方や、スニーカーだと足首が不安定になって歩きにくいという方は、自分の足に合ったインソールを作られることをオススメします。

twitter