あなたも足の番人になって、地域の方々の足の健康を支えてみませんか?

足の健康が体の健康を支える、と言っても過言ではないくらい、足という器官はとても大事な部分です。

でも自分の足って、普段はあまり注意して観察することは少ないですよね。

自分の足を他人に見せるって、結構勇気がいったりします。

足にタコや外反母趾などのトラブルがあると、なおさら人には見せたくありません。

そのように、できるだけ人に見せたくない部分であるがために、足に問題があっても、人に見せられず、そのまま放置している方も少なくないかと思います。

そんな隠れた足トラブルを発見し、適切なアドバイスをしたり適切なケアや治療をしてくれる場所を紹介できる方を地域に少しでも増やしていこうという想いで設立されたのが、「足の番人」です。

足の番人とは?

日本で初めて足を診る専門の総合病院として東京に開業された、下北沢病院の院長である菊池守先生を中心として設立されたのが、「一般社団法人 足の番人」です。

www.foot-project.net

足の番人で開催されているセミナーを受講することで、ブロンズ会員、シルバー会員、ゴールド会員とランクアップしていくことが可能です。

足の番人に認定されると、足の番人の証であるバッジを購入することも可能です。(個人的にとっても欲しい!)

セミナーの講師は日本を代表するような足のスペシャリストばかりで、足に関する基本的な知識から、どういった足が危ないのか、といった具体的な内容までしっかりと学ぶことができます。

対象は医療職者だけでなく一般の方も受講できるようですので、足の健康について学んでみたい、または地域の方々の足の健康をサポートしていきたいという方は、ぜひセミナーを受講してみてください。

より詳しく学べるアドバンスコースを受講するためには、入会金や年会費が必要になりますが、入門編であるベーシックコースは入会金や年会費などは必要なく、受講料の2千円を払えば誰でも受講できるようです。

2千円で日本を代表するような講師陣から足のことについて2時間みっちり学べるなんて、とってもお得だと思います。

近くで開催されるんだったら私が受講したいくらいです。(東京の人が羨ましい)

地方にも支部を作ってもらえないかな。

代表の菊池先生とは以前、佐賀の地でご一緒にお仕事をさせて頂いたこともありますが、とっても気さくな方で、足に関する熱意や知識は他の追随を許さないほどです(笑)。

セミナーでは足の健康について楽しく学べること間違いなしですよ!

あなたも足の番人になって、自分の足や家族の足、そして地域の方々の足の健康を守っていきませんか?

www.shimokitazawa-hp.or.jp