インソールは価格よりも機能重視で選ぶようにしましょう。

外反母趾や巻き爪、タコなどは、元を正せば原因のほとんどが足のアーチの低下です。

足のアーチが低下することで、普通であれば足の外側を重心が通って行くところを、アーチの低下によって足の内側に荷重がかかりやすくなり、歩いている間中、常に足の親指付近に荷重がかかり続けることになります。親指に外向きの過剰な圧力がかかり続けた結果、外反母趾が発生します。

また、常に足の親指付近に強い圧力が加わり続けるため、その部分の角質が硬くなったり、酷くなるとタコになることがあります。

これらの原因は、元を正せば、足のアーチが低下して足の内側に強い荷重がかかり続けた結果です。

そのため、外反母趾や巻き爪、タコなどを根本的に改善させるためには、足のアーチをしっかりと保持できるインソールを使って、足のアーチを補正してあげることが大切です。

インソール選びで大切なこと

f:id:maholama:20190424101522j:plain

インソールを選ぶ時に大切なポイントは、低下したアーチをきちんと補正することができるかどうかです。

クッション性があり、フワフワしたインソールは、一見、履いてて気持ちが良さそうですが、低下したアーチを補正する効果はないため、歩行は安定せず、親指にかかる過剰な圧力が取り除かれることもありません。

なので、そのようなインソールを使っても、外反母趾やタコの予防にはならないのです。

その点、フィートインデザインのインソールは、低下した足のアーチをしっかりと補正することができるため、足の骨格構造を本来の正しい位置に戻すことができ、足部の関節同士がしっかりと噛み合い、安定した足部になります。

そのため歩行時の足関節が安定し、その結果、膝関節や股関節、腰部にかかる負担も軽減されます。

タコや角質肥厚の原因は局所にかかる高い圧

タコや角質肥厚の原因は、足のアーチが低下したことにより、局所にかかる足底圧が高くなった結果起こります。

そのため、局所にかかる高い圧を取り除いてあげることが根本的な解決になりますが、フワフワした柔らかくクッション性のあるインソールでは、正しく除圧することはできません。

局所にかかる高い圧を正しく除圧するためには、アーチの部分をしっかりとサポートして、足底全体で圧を分散させてあげる必要があります。

そのため、インソールを選ぶ時は、フワフワした柔らかいものではなく、アーチの部分をしっかりとサポートできる硬い素材のインソールを選ぶようにしてください。

また、アーチの低下は個人差があるため、可能な限りオーダーメイドで自分の足に合ったインソールを作ることをお勧めします。

インソールは価格ではなく、機能面を重視して選ぶようにしましょう。

twitter