産後のトラブルとして多い産後腱鞘炎。その産後腱鞘炎を防ぐには?

出産後のマイナートラブルには色々なものがありますが、産後の腱鞘炎も産後のマイナートラブルとして注意しておかなければいけないものの一つです。

今回、佐賀大学医学部看護学科教授の佐藤先生から産後腱鞘炎予防ハンドブックを頂き、勉強になることが多かったので、本記事で産後腱鞘炎について紹介したいと思います。

産後腱鞘炎とは?

産後のお母さんは、授乳やおむつ交換、沐浴、抱っこなど、手に掛かる負担がとても大きくなります。

しかし、産後のお母さんの筋力は、高齢者並に低下しているそうなんです。

高齢者並に低下した筋力で、毎日赤ちゃんを抱っこして授乳して沐浴もして、なんてやってたら、手や腕に掛かる負担は相当なものになります。

そのように毎日の育児で手に負担がかかり続けると、手の筋肉に付いている腱が炎症を起こし、腱鞘炎と呼ばれる状態になってしまいます。

その結果、手の痛みや痺れ、力が入りにくいなどの症状が起きてきます。

f:id:maholama:20190426135742j:plain

産後に起こりやすい代表的な腱鞘炎としては、バネ指やドゥケルバン腱鞘炎、手根管症候群などがあるそうです。

産後のマイナートラブルを予防するためには、周囲のサポートが必要です!

腕や手首の疲労感を感じたら、手を休ませてあげることが大事ですが、育児中はゆっくり休むことがなかなか難しい場合があります。

そのため、多くのお母さんは赤ちゃんのことを優先し、自分の体の不調は後回しにしがちです。

しかし、腱鞘炎などのトラブルは、治療に時間を要することもあるため、普段から予防しておくことが大切です。

また、周囲に不調を訴えることができず、我慢してしまうことで症状が悪化したり、自分一人で抱え込んでしまうことで、産後うつになってしまうこともあります。

そのため、育児をお母さんだけに任せるのではなく、周囲も積極的に育児に参加して、お母さんの負担を軽くしてあげるようにしてください。

産後腱鞘炎を予防するために

産後の腱鞘炎を予防するためには、できるだけ手や腕に負担を掛けないようにすることが大切です。

赤ちゃんを抱っこしたり沐浴をしたりする動作は、手に掛かる負担が増えてしまいますが、赤ちゃんを抱っこする時は、手で抱っこするのではなく、腕全体を使って、自分の胸に抱き寄せるようにするなどの工夫をすることで、手に掛かる負担を大きく減らすことができます。

また、手や腕が疲れたなと感じたら、ストレッチやマッサージをしてあげることも効果的です。

飲み物の缶を使った、腕のセルフマッサージもとっても気持ちがいいので、腕が疲れた時は試してみてくださいね。

痛みが強い時は、我慢せず専門の医療機関へ!

腱鞘炎などの産後のマイナートラブルは、できるだけ普段から予防していくことが大切ですが、痛みや痺れなどの症状が強い場合は、我慢せず最寄りの医療機関を受診するようにしてください。

周囲もお母さんの状態をよく見て、何かいつもと違うなと感じたら、話をゆっくり聞いてあげるようにしてくださいね。

自分の症状をなかなか周囲に訴えられず、我慢しているお母さんも多いと思います。

家族や周囲の方が、お母さんのことを普段からよく観察しておくことで、産後のトラブルを防ぐことも可能です。

産後は低下した筋力で赤ちゃんを抱っこしたり、夜中も頻回の授乳で睡眠不足になるなど、お母さんはとても大変です。

お父さんも育児に積極的に参加して、育児を楽しんでくださいね。

子どもの成長はあっという間ですよ!